男の人

自宅の庭の草刈に困ったときは|役立つ器具や専門業者のご紹介

周りへの影響を考えよう

作業者

自宅の庭などに植えてある木々は大きく成長してくると倒れてしまったりして、周りに被害が及ぶ危険性があります。そういった危険を防ぐために木々を伐採するという作業を行っていきます。木々は災害が起きたときなど折れてしまったり、道路脇に飛んでいってしまっている光景を良く目にします。交通の妨げにもなってしまいますし、周りの人々にも迷惑がかかってしまいます。大きく成長しすぎてしまった木やもう不要になった木などは伐採してしまったほうが良いのです。

伐採はいくつか方法があります。まずは根元から切り倒しをする方法です。切り倒しはチェーンソーを使って行います。一番労力を使わない方法ですが、切り倒すときの十分なスペースが確保されていなければならないことと、切り倒しを行ったときの衝撃が大きく、周囲の人々に危険が及んだり建造物に衝撃を与えてしまったりなどのことがありますので、作業を行う前に安全性を十分に考えて取り掛からなければいけません。そのほか上部からの切り落としという方法があります。木の上の部分から徐々に枝を切り落としていき、部分ごとに少しずつ切り落としていく伐採方法です。パーツごとに切り落としをするため、作業は行いやすいですが、高いところから作業をするので少々危険性はあります。しかしその点を除くと、全体的に安全性が高い伐採方法なのです。部分ごとに切り落とし作業をするので、どうしても手間はかかってしまいますが、最も安心して行える方法であるといえます。また、クレーンなどの重機を使用してつり上げをする伐採方法もあります。この方法は木を切り落すスペースがないときなどに行われる伐採方法です。クレーン作業を依頼する費用など別でかかってしまうことが難点ですが、重機を用いて作業を行うためスムーズに伐採が進められます。そのほかにも伐採の方法はいろいろありますが、きちんと安全性なども考えて作業に取り掛かることが重要です。